セイコー 1970年代 SV925無垢製 キングセイコー ポケットウォッチ 諏訪精工舎製、25石仕様機械式自動巻キャリバー5621A

  • 商品コード682
  • 在庫状態売切れ
  • [SKU名 : 562101]
  • メーカー : セイコー
  • 品番・型番 : 5621-5010 
  • 程度 : アンティークAランク
  • 素材 : シルバー925製 機械式自動巻ムーブ5621A
  • サイズ : 横幅約35mm、高さ約40mm(リュウズ含む) 総重量75.8g
  • カラー : \N
  • 付属品 : \N
--- 特典 ---

・送料無料条件 ¥10000以上

--- 備考 ---

・発送日目安は3~5日後

--- 売却に伴う在庫情報の更新について ---

店頭販売、及び他のショップサイトにも掲載されているため、売却に伴う在庫情報の更新は迅速を心掛けておりますが必ずしもリアルタイムではございません。ご注文後に万一売り切れとなっておりました際は誠に申し訳ございませんがご容赦くださいませ。

セイコー 1970年代 SV925無垢製 キングセイコー ポケットウォッチ 諏訪精工舎製、25石仕様機械式自動巻キャリバー5621A

セイコー 1970年代 SV925無垢製 キングセイコー ポケットウォッチ 諏訪精工舎製、25石仕様機械式自動巻キャリ

バー5621Aが入荷いたしました。




キングセイコーの銀製(SV925:スターリングシルバー 75.8g)ズッシリと重量感のあるポケットウォッチ。1970年

代の高級自動巻時計です。

発売当時は56グランドセイコーより定価が高く設定されており、高級懐中時計で非常に少ない個数で生産された逸品と思われます。

諏訪精工舎製、25石仕様の自動巻キャリバー、5621Aを塔載。56系ムーブメントということで、公式クロノメーター基準より

も厳しい「GS検定基準」に従って調整され出荷された56系グランドセイコー用のムーブメントと同設計です。

セイコーは1970年代の後半に機械式時計の新規開発を中断しましたが、SEIKO黄金時代の、最後の名機です。





925シルバーの銀製のケースは、裏蓋の内側に白鳥のマークのスイスのホールマークが穿たれていますので、敢え

てスイスへ持ち込んで検定を受けたのか、又はケース自体がスイス製なのか、いずれにしても法外なコストをかけて製作

された時計です。ちなみに付属のチェインも銀製です。キングセイコーの一種なのですが、文字盤には、当時のセイコー

の最高峰モデルであるグランドセイコーで知られる諏訪セイコーのマークがありますので、敢えて諏訪セイコーで製造さ

れた特製品です。セイコーは、1960年代後半に時計精度のコンクールとして権威ある、スイスの天文台コンクールで、上

位独占を果たし、1968年には61GS、1970年には56GSとして、なんとスイス・クロノメーター基準よりも厳しい自社「GS検

定基準」をクリアしてグランドセイコーを市販しました。この56系は、セイコー最後の名機と呼べるかもしれません

。機械式のグランドセイコー、キングセイコーは、このあと長期にわたり開発、製造が中断された為、天文台クロノ

メーターコンクール時代のセイコーの最後のキャリバーです。


程度 アンティーク Aランク

ケース部に小傷がある程度で綺麗な状態で御座います。

文字盤&針部にダメージは無く綺麗な状態です。
 
精度はタイムグラファー計測±15秒以内と正確かつ正常に可動しております。




お値段も頑張っております

是非この機会に!

お見逃し無く








ロレックス・アンティーク腕時計と宝石の専門店「大阪西成区の米田屋」